| home | about | comic | review | blog | gallery | link |
創作漫画の公開Webサイト【琥珀座】のブログです。
更新情報製作日記落描き資料カーテンコールレスポンス携帯からその他■映画レビュー■Bookレビュー
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.02.22 Sun
作業しながら何となくテレビを点けてて…結構シッカリと観てしまいました。2013年の作品、テレビで観た時は2015年、2年前の映画です。あの頃は監督の引退作品と騒がれ観客の感想も分かれていたと記憶してます。アニメはそんなに観ないのであの頃の騒ぎも別段気にしていませんでした。

でも、テレビでちょい観している内にドンドン引き込まれてしまいました。作業中の手も止まって最後まで魅入ってしまいました。そして、観終わった感想は…「なんてコワい映画だ。クリエイター自身がこれを作品で言ってしまうのか!」と恐ろしくなりました。

監督自身の遺書のような…懺悔を書き連ねて最後に許してくれ、と言っている様に感じました。ひょっとしたらこの作品をUPした後で自殺でもしたんじゃないか!?とまで思わせられました。が、ご本人はご健勝のようですね。

なぜ、この映画を観てそこまで私が感じてしまったのか。でも、創作する事を人生の一番先頭に置いている立場から見たら同じような感想が出てくるんではないかと思います。

以下、長くなったので畳みます。私の勝手な感想と解釈を読みたい方だけ開いて下さい。そして開いて読んだからには文句は一切受け付けません。
----------------------------------------------------------
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと customized by 琥珀座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。