| home | about | comic | review | blog | gallery | link |
創作漫画の公開Webサイト【琥珀座】のブログです。
更新情報製作日記落描き資料カーテンコールレスポンス携帯からその他■映画レビュー■Bookレビュー
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11.23 Sun
追悼…?高倉健
似顔絵は苦手なので、落描きで…
追悼記事を書くほどファンではありませんが、映画を語る上でいつかは触れなきゃと思ってた所の訃報でした。

高倉健さんはどうしても任侠物のイメージが強いですね。私の世代はみんなそうかも知れません。調べたら任侠物だけですんごい数の映画があるんです。私は20本位かと思ってました。…多すぎてとても全ては網羅できないので有名な代表作だけリンクしときます。

子供だった私は映画館で観る事は出来ませんでしたが、その数、任侠物で1年で3本も4本も撮ってた計算になります。義理と人情で悪者をバッタバッタと切り倒す所が時勢もあって大衆に支持されたんだと思います。

やがて時代が進んで日本は豊かになり、任侠物は下火に。1977年あの「幸福の黄色いハンカチ」が撮られました。その時、大人の男達が、高倉健らしからない映画だひとつの時代が終わった…うんぬん言ってたのを聞いた覚えがあります。子供だったのでその頃は良く解かりませんでしたが、今なら理解できます。

でも何だか私には、黄色いハンカチ以降も同じテーマが繰り返し描かれてる気がしてます。パターンとしては任侠物を作り続けていた時と同じではないかと!? 渥美清のとらさんシリーズのように、高倉健と言う大きなひとつのジャンルの映画が作られ続けていたんではないかと感じます。

否定してつもりはありませんが、昔なにかで健さんは実はコントが好きで、コントを演ってみたいんだ と聞いたことがありました。その時私は素直に、高倉健がコメディ映画に!!\(;゚∀゚)/ と期待してしまいました!

高倉健がコメディならどんなだろう?ドリフと絡んだら面白いな、とか、植木ひとしみたいのになるんだろうか…とか、萩本欽一なら上手い事センスを引き出してくれそうだな、…とか。…とうとう、そのユメは叶いませんでした。

私は本も映画も好きですが、あまり誰かのファンになる事がないです。俳優や著者ではなく、その作品の出来全体を好きになります。もし、高倉健がコメディを演ってくれてその出来が私的にツボにハマる位に素晴らしかったら…任侠物から含めてファンになったかも知れません。

…なんだか全然追悼になりませんでしたね。こんな風にblogに書くと…熱狂的な高倉健フリークがやってきて炎上しないかとちょっと不安です。((((;゚Д゚)))

ブログランキング・にほんブログ村へ

他のレビューもどうぞ【レビュー・目次】→ レビュー・目次

関連記事
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ambergrow.blog49.fc2.com/tb.php/310-500d1881
Template by まるぼろらいと customized by 琥珀座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。